​10秒アクション

​クロスポイントについて

​なぜ10秒で筋肉のバランスが整うの??

01 体軸理論をベースにした指導     

体軸理論※1)は、全身のインナーマッスルを効率的に使う事を理論化したものです。

その理論によって(株)メタアクシス代表 高橋龍三氏が「クロスポイントシステム」というエクササイズを考案し、このポイントを刺激すること(10秒アクション)で効率的にインナーマッスルを働かせ「からだの使い方を上手くするために必要な筋肉を活性化」させることを可能にした運動指導法を採用しているからです。

※1)体軸理論とは運動科学総合研究所の高岡英夫氏が提唱した体軸(センター)という概念をさらに学術体系化したものです

02 クロスポイントをベースに構築された豊富なセルフワーク・ストレッチ・体幹トレーニング        

クロスポイントとは、複数の筋肉が交わる交差点にあたるポイントのことをいいます。全身に14カ所あり、

①インナーマッスルを目覚めさせ、アウターマッスルをゆるめる

②複数の筋肉へ同時にアプローチ可能

などの特徴があります。

このクロスポイントシステムは、国から認められている根拠のあるのもので、その理由が商標登録されて特許も取得済みです。

特許についてはこちら→https://metaaxis.co.jp

​そのクロスポイントシステムを利用して考えられたセルフワークやストレッチ、体幹トレーニングは効率よく筋肉に働きかけ、身体を上手く使えるようになり、痛みのない身体作りやパフォーマンスアップへと導いてくれます。

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon